[PR表記]このサイトの表記には、プロモーション広告が含まれています。

消費者金融で借りたら終わりは本当?やばいといわれる理由を解説!

読者

今日中に現金が欲しいんだけどどうしたらいいんだろう

読者

お金が必要だけど、消費者金融に借りたら終わりって本当かな?

すぐに現金が必要な場合、消費者金融で借り入れをするという方法を思いつく人も多いでしょう。

しかし消費者金融と聞くと、怖いイメージを持つ人もいますよね。

消費者金融は、法律で定められた範囲で貸し付けをおこなう、闇金とは異なる正規の貸付業者です。

この記事では、「消費者金融で借りたら終わりといわれる理由」を解説していきます。

消費者金融に対する誤解をなくして利用するためにも、ぜひ参考にしてください。

この記事の重要なポイント
  • 「消費者金融で借りたら終わり」は間違い
  • 消費者金融と闇金は別物
  • 消費者金融ならWEB完結可能
  • 返済が滞ったり借り入れを繰り返すと消費者金融でもブラックリストに載る
  • 返済計画が整った借り入れをすることが大事
当記事の監修者
ファイナンシャルプランナー 中西諒太さん
静岡県出身。株式会社了代表取締役。アパレル販売員をしながら独学で宅建を取得。賃貸仲介・売買仲介・賃貸管理会社にて勤務を経て独立し現在に至る。 WEBメディア運営・監修・不動産賃貸業に従事。 中西諒太さんの公式サイトはこちら

目次

消費者金融で借りたら本当に終わりなのか?

消費者金融というと闇金をイメージし、借りたら終わりだと考える人も多いでしょうが、それは間違いです。

たしかに闇金のような悪徳業者から借り入れをおこなってしまうと、法外な高金利や厳しい取り立てから人生がくるってしまうこともあるかもしれませんが、消費者金融は闇金とは異なります。

ここでは、「消費者金融で一度でも借りたら終わり」といわれる理由や、消費者金融と闇金の違いについて解説していきます。

消費者金融で借りたら本当に終わりなのか?
  • 消費者金融と闇金は別物
  • 消費者金融=闇金という誤った認識をしている人が多い
  • 借金自体にネガティブなイメージを持つ人が多い
  • 消費者金融は法律に定められた範囲内での貸し付けをおこなっている

消費者金融で一度でも借りたら終わりといわれる理由

消費者金融で一度でも借りたら終わりといわれるのはいったいなぜなのでしょうか。

ここでは、その理由について解説していきます。

借金へのネガティブなイメージ

そもそも消費者金融を利用するということはお金に困っているということで、そういった人たちのことやお金を借りるという行為自体をだらしがないと思う人たちがいることはたしかです。

借金を嫌う人たちにとっては、貸し付けをおこなう消費者金融もネガティブなイメージの対象になります。

借金自体を嫌煙する人たちがいる限りは、消費者金融にネガティブなイメージがつくことは仕方がないといえるでしょう。

消費者金融へのネガティブなイメージ

消費者金融と聞くと、闇金を想像してしまう人も多いのではないでしょうか。

厳密には、法律の制限内で貸し付けをおこなう正規の貸付業者である消費者金融、制限を守らずに貸し付けをおこなう闇金、という違いがあります。

しかし、テレビなどの影響もありその違いを詳しく知らない人も多いことが事実です。

そういったことから、消費者金融=闇金という認識が広まり、消費者金融にネガティブなイメージが持たれています。

ブラックリストへの影響

消費者金融へのネガティブなイメージの理由の一つとして、「一度借りたらブラックリストに載る」という誤った認識が広まっている点があります。

借金額が大きくなったり返済が滞ったりして信用情報に傷がつくことを、ブラックリストに載るといい、5年~10年はクレジットカードやローンの審査にはほぼ通りません。

正確にいえば、消費者金融で一度借り入れをおこなっただけでブラックリストに載ることはなく、長期にわたって返済が滞ったり何社からも借り入れをおこなったりすることで、載ってしまいます。

しかし、何社もの貸付業者から借り入れをおこなった人がブラックリストに載ったことを、「消費者金融で借りたらブラックリストに載った」などと勘違いすることから、誤った情報が広まっているのです。

消費者金融と闇金は別物

この記事のなかでは何度も繰り返していますが、消費者金融と闇金は別物です。

消費者金融は利息制限法によって定められた上限金利15%~20%(貸付金額に応じる)の範囲内で無理のない貸し付けをおこなっているのに対し、闇金は法外な高金利で貸し付けて厳しい取り立てをおこなうことで利益を得ています。

そのため、消費者金融は法律によって認められた正規の貸付業者であり、反社会的な組織などが運営していないことが証明されています。

このことからも、「消費者金融で一度でも借りたら終わり」という噂が真実ではないことがわかるのではないでしょうか。

なかには、消費者金融などの審査に通りにくい人たちを甘い言葉で誘い込み、その弱みに付け込んで高利で貸し付けをおこなう闇金も存在しているので注意が必要です。

消費者金融とは

消費者金融は、法律で定められて範囲で貸し付けをおこなう貸付業者です。

闇金と混同されがちですが、きちんと認定を受けた正規の業者であるため暴力的な取り立てをおこなうことはありません。

ここでは、消費者金融について闇金との違いも含めて詳しく解説していきます。

消費者金融とは

消費者金融とは、利息制限法で定められた金利内で無理のない貸し付けをおこなっている正規の貸付業者です。

代表的な業者でいうと、アイフルやアコム、レイクALSAなどが挙げられます。

中小消費者金融と呼ばれる業者との違いへ明確には定められていませんが、知名度や利用者の数で分類される場合が多いようです。

消費者金融の金利

消費者金融の金利は、貸付金額に応じて上限が15%~20%と定められています。

そのため上限15%~20%の範囲外で金利が設定されている場合、その貸付業者は闇金である可能性が高いと判断したほうがよいでしょう。

消費者金融と闇金の違い

消費者金融と闇金の違いは、金利です。

消費者金融は法律で定められた金利の範囲内で貸し付けをおこなっていますが、闇金は大きく規定の範囲を超えた金利での貸し付けをおこなっています。

収入などの属性が足りず、銀行で融資を受けられない人たちを対象としているのが消費者金融であるのに対し、闇金は他社の審査に通らず困窮している人たちをターゲットとしている違いもあります。

闇金は、そういったどうしようもできない人たちの弱みに付け込んで高利な貸し付けをおこない、返済できない場合は厳しい取り立てをして利益を得ているのです。

消費者金融おすすめ5選

ここでは、おすすめの消費者金融5選を紹介していきます。

消費者金融を利用する際の参考にしてください。

アイフル

アイフル

出典:アイフル

アイフルは、審査は最短1秒、融資最短25分で完結するスピード融資に定評がある消費者金融です。

24時間365日振込融資に対応していることから、場所や時間を気にせず借り入れが可能となっています。

金利 3.0%~18.0%
限度額 800万円
無利息期間 最大30日間
審査時間 最短1秒
最短融資時間 25分
申し込み方法 インターネット、電話、来店
WEB完結
受付時間 24時間
申し込み対象者 満20歳~69歳

※貸付条件はこちら

アコム

アコム

出典:アコム

アコムは、はじめての借り入れにおすすめな消費者金融です。

厳しい取り立てがなく窓口や電話対応のよさからも口コミによる評価が高いという特徴があります。

金利 3.0%~18.0%
限度額 800万円
無利息期間 最大30日間
審査時間 最短3秒
最短融資時間 30分
申し込み方法 インターネット、来店
WEB完結
受付時間 24時間
申し込み対象者 18歳以上(高校生除く)

プロミス

プロミス

出典:プロミス

プロミスは、はじめての利用者の満足度が4年連続で1位というサービスのよさが保証されている消費者金融です。

また、女性専用ダイヤルを設置しているため誰でも利用しやすいということができます。

金利 4.5%~17.8%
限度額 500万円
無利息期間 最大30日間
審査時間 最短15秒
最短融資時間 最短25分
申し込み方法 インターネット、電話、来店
WEB完結
受付時間 24時間
申し込み対象者 18歳~74歳(高校生を除く)

レイクALSA

レイク

出典:レイクALSA

レイクALSAは、スマートフォンのアプリで簡単に手続きできる消費者金融です。

条件によって最大180日間利息が無料となる、非常に魅力的な貸し付けをおこなっています。

また、自動契約機での借り入れにも対応しているため誰でも利用しやすいということができます。

金利 4.5%~18.0%
限度額 500万円
無利息期間 5万円以下-180日間
5万円~200万円-60日間
200万円以上-30日間
審査時間 最短15秒
最短融資時間 25分
申し込み方法 インターネット、電話、契約機
WEB完結
受付時間 24時間
申し込み対象者 満20歳~70歳

SMBCモビット

SMBCモビット

出典:SMBCモビット

SMBCモビットは、自動契約機での借り入れにも対応している消費者金融です。

ネット申し込み後コールセンターに電話することで優先的に審査をおこなってもらうこともできます。

しかし、SMBCモビットには無利息期間がないことに注意が必要です。

金利 3.0%~18.0%
限度額 800万円
無利息期間 なし
審査時間 最短10秒(簡易審査)
最短25分(本審査)
最短融資時間 最短即日
申し込み方法 インターネット、電話、契約機
WEB完結
受付時間 24時間
申し込み対象者 満20歳~74歳

消費者金融で借りるメリット

ここでは、消費者金融で借りるメリットについて解説していきます。

即日融資が可能

消費者金融での借り入れは即日融資が可能というメリットがあります。

銀行などで申し込むと審査に時間がかかるため、すぐに現金が必要な場合でも当日中には借り入れできないことがほとんどです。

しかし、消費者金融であれば最短30分で融資も可能となっているため、急に現金が必要になった場合でも借り入れすることができます。

即日融資を希望する場合は、本人確認書類の提出もネットでおこなえるスマートフォンからの申し込みがおすすめです。

WEB完結できる

消費者金融の大きなメリットとして、WEB完結が可能という点があります。

銀行ローンのように店舗へ出向く必要がなく、融資の受け取りを振込にすることで家から出ることさえもなく借り入れすることができるのです。

WEB完結したい場合は、本人確認書類をネットで提出するためにスマートフォンから申し込む必要があります。

銀行よりも借り入れしやすい

一般的に消費者金融は銀行よりも審査が通りやすいという点もメリットの一つです。

そのぶん金利が高いなどのデメリットがありますが、収入が少ない人でも申し込みが可能ということで誰でも利用しやすくなっています。

銀行ローンの場合、収入証明書の提出が必須であったり職場への在籍確認が電話でおこなわれたりと、何かと不都合なこともありますが、消費者金融の場合はそこまで厳しい審査がないという点もメリットといえるでしょう。

周囲に借り入れしていることがバレにくい

消費者金融の借り入れ申し込みはWEB完結が可能となっているため、知り合いや家族に借り入れしていることがバレにくいというメリットがあります。

どうしても周囲にバレたくないという人は、本人確認書類をネットで提出できるスマートフォンからの申し込みがおすすめです。

消費者金融で借りるデメリット

ここでは、消費者金融で借りるデメリットについて解説していきます。

銀行より金利が高い

一般的に消費者金融の金利は銀行ローンよりも高く設定されています。

そのぶん銀行での審査に通りにくい人でも借り入れしやすいというメリットがありますが、金利を気にせず借り入れしているとあっという間に借金が大きくなってしまうことがあるので注意が必要です。

また、消費者金融は利息制限法によって金利上限が貸付金額に応じて15%~20%と定められているため、その範囲以外での貸し付けをおこなっている業者は闇金である可能性が高いので注意しましょう。

ブラックリストに載る

信用情報に傷がつくことをブラックリストに載るといい、その状態になると5年~10年はクレジットカードやローンの審査にほとんど通りません。

消費者金融で借り入れをしただけでブラックリストに載ることはありませんが、返済が長期的に滞ったり何度も借り入れを繰り返したりすると、載ってしまいます。

消費者金融は比較的簡単に借り入れできてしまいますが、深く考えず借り入れを繰り返してあとになって大変な目に合わないためにも、借金の管理や返済の計画はしっかり立てておきましょう。

催促がある

消費者金融で一度借り入れしただけでは、映画のような厳しい取り立てがおこなわれることはありませんが、返済が長期にわたって滞ると催促の電話がかかってくることがあります。

また、返済期日が過ぎても支払いがない場合最大20%の遅延損害金がさらに上乗せされることもあります。

そのため、取り立てがそこまで厳しくないからといって支払いを先延ばしにしていると、知らない間に借金が大きくなっている可能性があるので返済はしっかりおこないましょう。

借金に耐性がついてしまう

消費者金融は簡単に借り入れできてしまうため、はじめは少額から借り入れしても、その少額の借り入れを繰り返しているうちに借金への罪悪感がなくなってしまいます。

そして知らず知らずのうちに金利のぶんも上乗せされ、借金が大きくなってしまうのです。

銀行ローンなどに比べて借り入れしやすいというメリットがある消費者金融ですが、そのぶん依存しやすいということを覚えておかなければなりません。

消費者金融の選び方

消費者金融を利用しようとしても、どんな業者を選べばいいかは難しいですよね。

ここでは、消費者金融を選ぶ際に注目してほしいポイントについて解説していきます。

貸付業者の信頼性で選ぶ

消費者金融を利用する際には、なるべく知名度の高い大手消費者金融を選びましょう。

知名度が高いということは、利用者が多くサービスが整っているということになります。

つまり、信頼できる業者を選ぶことは自分自身を守ることにもつながるのです。

金利で選ぶ

消費者金融を選ぶ際には、金利も参考にしましょう。

消費者金融は利息制限法で設定できる金利上限が15%~20%に定められているため、業者によって大きな差はありません。

しかし、貸付金額に応じて変動することや、なかには法外な高金利で貸し付けをおこなっている闇金も紛れていることがあるので、必ずチェックはしましょう。

即日融資可能かで選ぶ

消費者金融を選ぶ際は、即日融資が可能かどうかも確認しましょう。

即日融資に対応している場合でも、受付時間によっては翌日の融資になってしまうこともあるので、注意してください。

また、最短での融資を希望する場合は本人確認書類のネット提出に対応しているスマートフォンからの申し込みがおすすめです。

無利息期間があるかで選ぶ

可能であれば無利息期間がある消費者金融を選ぶことをおすすめします。

無利息期間内に返済が完了すれば、利息を払う必要がなくなります。

※無利息期間が適用されるのは初回利用のみなど各消費者金融によって条件が異なるので、詳しくは公式サイトをチェックしてください。

申し込み方法で選ぶ

消費者金融を利用する際に注目してほしいポイントの一つが申し込み方法です。

知人や家族にバレずに借りたいのであればWEB完結可能な業者を選ぶ必要があり、家から一歩も出ずに借り入れしたいのであれば振込対応している業者を選ぶ必要があります。

消費者金融の審査に通るコツ

いざ消費者金融に申し込んでも審査に通らなければ融資を受けることはできません。

ここでは、消費者金融の審査に通るコツについて解説していきます。

虚偽申告しない

借り入れの申し込みに際する年収や職業に関する申告は必ず正確な情報を提出しましょう。

消費者金融は、申込者のそれまでの借り入れ情報や利用情報を他社のぶんも確認することができます。

そのため、万が一虚偽申告をおこない過去との内容に矛盾が発覚した場合、審査に通ることはありません。

確実に審査に通るために、よく見せるのではなく正確な情報を申告する必要があるのです。

他社での借金を減らす

消費者金融に申し込む際、すでに他社で借り入れがある場合はなるべく借金額を減らしておきましょう。

消費者金融は、申込者の他社での借り入れ状況も確認することができるため、何者からも借り入れしていたり借金額が大きかったりすると、よくないイメージを与えてしまいます。

お金に困っていることはわかりますが、なるべく借り入れする業者は少ない方がよいです。

申し込みは最低限にする

消費者金融の申し込みは、希望金額も業者数も必要最低限にしましょう。

消費者金融は、申込者の他社への借り入れ状況を確認することができるため、複数の業者に申し込みをしていると印象が悪くなり審査に影響が出ることがあります。

また、金額が高くなるほど審査は厳しくなります。

そういったことから、申し込みは必要最低限にする必要があるのです。

収入をつくる

消費者金融の申し込みの際の審査は、申込者に返済能力があるかを判断しています。

そのため収入が高いほど審査は通りやすくなり、少ないほど通りにくくなります。

万が一現在収入がない場合は、アルバイトやパートでも収入をつくってからの申し込みがおすすめです。

消費者金融に関するよくある質問

ここでは、消費者金融に関するよくある質問に答えていきます。

消費者金融と闇金の違いは?

消費者金融と闇金の違いは金利です。

消費者金融は利息制限法で貸付金額に応じて上限が15%~20%と定められています。

消費者金融が利息制限法で定められた金利の範囲で貸し付けをおこなっているのに対し、闇金はその範囲外の超高利での貸し付けをおこなっています。

そのため、金利が表示されていなかったりあまりにも高すぎる金利の場合は避けたほうがよいでしょう。

消費者金融と闇金の見分け方は?

消費者金融は金利を利息制限法で定められているため、その範囲内である上限15%~20%以外で貸し付けをおこなっている業者は闇金だと判断できます。

また、消費者金融は年収の3分の1以上の貸付をおこなってはいけないと法律で決められています。

そのため、「審査なし」「誰でも貸します」などといった甘い文言を謳っている業者は闇金のおそれがあるので注意しましょう。

消費者金融で一度でも借りたら住宅ローンは組めない?

消費者金融で借り入れをおこなったとしても、ローンが組めなくなることはありません。

しかし、返済が滞ってしまったり何社も借り入れをおこなっていると、信用情報に傷がつきブラックリストに載ることで、ローン審査に通らなくなることがあります。

そのため、消費者金融で一度でも借りてしまうとローンが組めなくなる、ということはありませんが、その使い方には注意が必要です。

消費者金融は学生でも借りられる?

消費者金のなかには学生でも借りられる業者も多数存在します。

この記事内で紹介した5社のうち、アコムとプロミスは18歳から(高校生除く)申し込みが可能となっています。

場合によっては収入証明書などが必要となるので、詳しい申し込み条件については各消費者金融の公式サイトをチェックしてみてください。

審査の甘い消費者金融はある?

消費者金融は、申込者の年収の3分の1以上の貸し付けは法律で禁止されているため、どんなに少額であっても審査は必ずおこないます。

そのため消費者金融全体で見ても、審査の基準にそこまで大きな差はありません。

しかし、審査なしで貸し付けをおこなうことはありえないため、「審査なしで貸します」「誰でも貸します」などといった文言を謳っている業者は闇金である可能性が高いので注意しましょう。

消費者金融でどうしても借りれないときはどうしたらいい?

アコムやアイフルなどの大手消費者金融の審査に通らない場合は、中小消費者金融を検討してみましょう。

中小消費者金融とは、大手ほど利用者や知名度が高くない消費者金融をいいます。

大手よりも借り入れしやすいなどのメリットがある反面、即日融資やWEB完結ができないなどのデメリットがあることも踏まえて、借り入れするかを検討してください。

消費者金融の評判まとめ

この記事では、「消費者金融で借りたら終わりといわれる理由」について解説してきました。

「消費者金融で借りたら終わりといわれる理由」の重要なポイントは以下のとおりです。

この記事の重要なポイント
  • 「消費者金融で借りたら終わり」は間違い
  • 消費者金融と闇金は別物
  • 消費者金融ならWEB完結可能
  • 返済が滞ったり借り入れを繰り返すと消費者金融でもブラックリストに載る
  • 返済計画が整った借り入れをすることが大事

消費者金融は闇金とは別物であるため、一度借りたら終わりということはありません。

しかし、使い方を間違えてしまうと返済できないほどの借金を抱えることになってしまうこともあります。

そのため、借り入れしやすいからと安易に申し込みするのではなく、本当に必要か慎重な検討が重要です。

※おとなのマネースクール(以下、当サイト)は情報の提供を目的として運営しており、当サイトで掲載している商品やサービスの効果などを保証するものではございません。

※当サイトに記載の情報に関して、確実性・信頼性を保証するものではありません。また、当サイトにて行っている評価等は独自調査による評価に基づくものであり、商品性や品質などを保証するものではありません。

※当サイトで掲載している、手数料・価格等の情報は掲載時点での情報です。最新情報は公式サイトにてご確認ください。

※当サイトに記載する情報の著作権または関連する権利は全て、当サイトまたは情報を提供する第三者に帰属します。転用、複製、販売などを含め無断での利用を禁止します。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です